メディア情報 - media information
メディア情報
日付
ソンジュン, 妻-子どもの存在告白“入隊前に妊娠, 率直でいたかった”(公式立場全文)
2020-02-05

[Newsenキム・ミョンミ記者 2020.2.3]

軍服務中の俳優ソンジュンが妻と子どもの存在を告白した。

ソンジュンの所属事務所O& Entertainment側は2月 3日、公式報道資料を通じて" 2018年12月、軍服務のため静かに入隊したソンジュンが所属事務所を通じて消息を伝えました。ソンジュンは入隊前に結婚を約束した一般人の女性がいました。入隊が差し迫った状況で、二人の間に大切な命が授かり、結婚に対する法的手続きだけを済ませて、入隊することになったのです"と明かした。

続いて "約1年の月日が流れ、ソンジュンは妻と子どもに対する責任感から、最近含む転換申請を行い、常勤予備役として残された軍服務を過ごすことになりました""遅ればせながら勇気を出して告白した俳優ソンジュンに対する励ましと祝福、あたたかい応援をお願いします。合わせて一般人の新婦に配慮し、これ以上の詳細については公開することが困難な点をひろくご理解ただけたら幸いです"と伝えた。

ソンジュンは自筆の手紙を通して"入隊の頃、私は人生の大きな変化と共にうれしいことがありました。僕に生涯を共にする、愛する人ができたのです。それで晴れやかな気持ちで結婚の計画を立てている時に、妊娠の事実を知ることになりました。とても大きな喜びだったし、奇跡であり、祝福でした。しかし私がすぐに入隊することになり、私の人生に巡ってきた大切な二人を守ることを優先したかったのです。それで結婚の法的手続きは可能な限り早く行ったため、多くの方にご挨拶する結婚式を行うことができませんでした"と説明した。

また"いつの間にか1年の月日が流れ、最近私の不在中にひとりで子どもを育てている妻のことが心配になり、含む転換申請を行い、現在常勤として残された軍服務に臨むことになりました。まだ未熟な初心者家長として、家族を少しでも近くで守ってあげたかったし、これを契機にみなさんにも少しは、遅れてしまった私の個人的な話を率直にお伝えしたいと思いました"と打ち明けた。

いっぽうソンジュンは2018年 12月に陸軍現役として入隊した。(写真=O& Entertainment)

以下、ソンジュン側の公式立場の全文である。

こんにちは。


俳優ソンジュンの所属事務所O& Entertainmentです。


2018年12月に軍服務のため静かに入隊したソンジュンが所属事務所を通じて消息を伝えてきました。

ソンジュンは軍入隊前に結婚を約束した一般人の女性がいました。軍入隊が差し迫った状況で、二人の間に大切な命が授かり、結婚に対する法的手続きを急いで済ませたまま入隊せざるを得なくなったのでした。

約1年の月日が流れ、ソンジュンは妻と子どもに対する責任感から最近、服務転換申請を行い、常勤予備役として残された軍服務に臨むことになりました。

遅ればせながら勇気を出して告白した俳優ソンジュンに対する励ましと祝福、あたたかい応援をお願いいたします。合わせて、合わせて一般人の新婦に配慮し、これ以上の詳細については公開することが困難な点をひろくご理解ただけたら幸いです。

以下、ソンジュンの自筆の手紙の全文である。

こんにちは。久しぶりにみなさんにごあいさつする俳優ソンジュンです。

日頃から表現することが苦手で、お伝えしたい私の個人的なお話をうまく表現できるのか、悩んだ末にこのように手紙をしたためことになりました。

現在私は大韓民国軍人として、1年余りの基幹、服務しています。

入隊の頃、私は人生の大きな変化と共にうれしいことがありました。僕に生涯を共にする、愛する人ができたのです。それで晴れやかな気持ちで結婚の計画を立てている時に、妊娠の事実を知ることになりました。とても大きな喜びだったし、奇跡であり、祝福でした。しかし私がすぐに入隊することになり、私の人生に巡ってきた大切な二人を守ることを優先したかったのです。それで結婚の法的手続きは可能な限り早く行ったため、多くの方にご挨拶する結婚式を行うことができませんでした。入隊を控えている私としましては最善のことだと考えたためです。

そしていつの間にか1年の月日が流れ、最近私の不在中にひとりで子どもを育てている妻のことが心配になり、含む転換申請を行い、現在常勤として残された軍服務に臨むことになりました。まだ未熟な初心者家長として、家族を少しでも近くで守ってあげたかったし、これを契機にみなさんにも少しは、遅れてしまった私の個人的な話を率直にお伝えしたいと思いました

うれしいお知らせではありますが、その時にお伝え出来なかったことについてはお詫び申し上げ、初心者の家長として頑張りたいという私の思いも少しご理解していただけば幸いです。

私は残された軍服務を誠実に終え、再び俳優ソンジュンとして、家長として、今よりもさらに成熟した姿でお目にかかりたいと思います。

2020年の新たなスタートと共に、私もやはり新たな変化を期待しつつ努力いたします。


感謝の思いを込めて。

 

ID:
PWD: