ニュース - news
ニュース
日付
‘ハイド、ジキル、私’ソンジュンのメンタル・ハッキング
2015-02-16

'ハイド、ジキル、私' ソンジュンが用いたメンタル・ハッキングとは?

 

  • 国際新聞
  • デジタルニュース部 inews@kookje.co.kr
  • 2015-02-13 11:35:57
  • http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=0500&key=20150213.99002113557

 

 

さる12日に放送されたSBS水木ドラマ'ハイド、ジキル、私'(チョ・ヨングァン演出/キム・ジウン脚本)8話でク・ソジン(ヒョンビン)は捕まった犯人イ・スヒョンが本物ではないということを知ることになった。

ク・ソジンは考えに耽った。ソジンは"あいつは明らかにイ・スヒョンじゃない。それなのに僕とイ・スヒョンだけが知っていることをあいつは知っている。おいつはイ・スヒョンを知ってる。その言葉にリュ・スンヨン(ハン・サンジン)"自分が本当にイ・スヒョンだと信じているようだ"と語った。

その言葉にユン。テジュ(ソンジュン)"それもあり得る。自分がイ・スヒョン本人だと思っている"と頷いた。

続けて彼は"メンタル・ハッキングは深いトラウマを負っている人を治療する方法であり操作された記憶である。誰かがアン・ソングンに本当の記憶であるかのように無意識に思いこませたのだ"と説明した。

また彼はク・ソジンの事情を知っていて、かつ催眠をかけることができる人物は一人だけ。国内メンタル・ハッキング論文に出てくる内容はカン博士ただ一人"と語り、カン・ヒエをアン。ソングンの偽りの自白を導いた犯人にでっち上げた。


しかしユン・テジュがアン・ソングンにメンタル・ハッキングをし、カン博士は彼が拉致し監禁していた。

デジタルニュース部

 

 

ID:
PWD: